読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

シコアサイズって知ってますか?

「シコアサイズ」は2009年に、元横綱貴乃花親方が相撲の四股をベースに発表した体操です。


その名前は、四股と貴乃花親方が重視する心身のコア(英語のcore=核)をあわせた造語です。


先日、有名全国紙に紹介されていました。

 

どういうものかというと、

脚を広げて立ち、ゆっくり腰を落としいくのが基本の動作です。

 

下半身の筋肉が鍛えられ、へその下の「丹田」という部分に力を込めることで、腹筋や背筋を強化出来るのだといいます。

 

股関節を広げて動くことで、周辺のリンパ節が刺激され、新陳代謝の促進や肩コリや腰痛の解消も期待できるようです。

 

基本動作は次の通り。

 

1>足を肩幅より広めに開いて立ちます。両手は自然に前に垂らし、視線は正面にする。この時「丹田」に力を入れる。

 

2>息を吸いながら、4つ数えつつ腰を落としていき、そのまま少し止まる。
この際、曲げた膝がつま先より前に出ないようにする。また、膝が内側に入らないように気をつけます。

 

3>息を吐きながら、4つ数えつつ、膝を伸ばしていきます。足の裏全体で床を踏みしめ、体を押し広げるようなイメージで動く。

 

4>最初の姿勢に戻る。

 

この繰り返しで計4回、これを一日2回を目安に行います。

実際にやってみるとかなりきつい。ミシミシ来るような筋肉の緊張感がある。

丹田に力を入れる、というのがちょっとわかりづらい。
息を吐きながら腰を落とすのが最初ちょっと難しかった。
・足先はいわゆる外股に広めに開く。


というところなどがなかなかできないが、それでも4秒止めて起き上がるだけでかなりきているのがわかります。

 

慣れてきたら応用編があるようなのでそれにも挑戦してみては。