読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

トレーニングをはじめる時の注意点

①空腹時と満腹時はトレーニングしない

 空腹で筋トレをすると貧巾や立ちくらみを起こす可能性かあります。

 

集中力が下がって運動の質が落ちるのも問題です。

 

朝一番の空腹時なら、ヨーグルトやバナナなどを少しお腹に入れてから行うとよいでしょう。

 

そしてトレーニング接、きちんと朝食を摂りましょう。

 

筋トレの後の食事は、筋肉の中のたんぱく質の合成を高め、トレーニング効果を増強してくれるというメリットがあります。

 

満腹時も消化不良を招くので避けること。食後少なくとも30分は時間を置きましょう。

 

②体調に留意する
 発熱している、気分が悪いなど、明らかに体調が悪いときは避けること。

 

お酒を飲んだ直後はもちろん、二日酔いでアルコールか残っているときも運動は禁止です。

 

③ウォーミングアップとストレッチを忘れずに
 日頃の運励不足な人は体が温まるのに時間片がかかります。ですから始める前には
 足踏みと、ストレッチをしましょう。

 

ストレッチは上乍身・体幹・下半身のそれぞれから1種類ずつ。


なお、エクササイズを一つ行った後、その部分の ストレッチをもう一度行うと、
その後の血液循環がよくなります。

 

④呼吸は止めずに行う
 エクササイズ中は息をEめないよう気をつけましょう。

そして一番体にかかる負担が大きくなるときに息を吐くこと。

たとえば足を上げるエクササイズなら上げるときに吐き、下げるときに吸う。

 

スクワットならしゃがむときに吸い、体を起こすときに吐く。

 

左右別称の動きなら、左右それぞれに負荷をかけるときに吐きましょう。

 

⑤できることから行う
たくさんのエクササイズを紹介したのは、運動から長らく遠ざかっていた人が運動
になじむ「入り口」を多く用意するためです。


自分が少しでも「やりやすい」「これならできる」と感じたことから始めましょう。

 

そしてひとつの動きに慣れたら、また別の動きで体の反応を見ましょう。


それを繰り返すうち、「体を動かすこと」そのものの楽しさが見えてくるでしょう。

 

関連参照

 

中高年からの筋肉作り   

 

健康ライフのヒント集