読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

耳の調子が悪い!私がやったこと

耳の調子が悪い。ずっと耳の聞こえが悪い。突発性難聴のようだ。医者に行くが全然良くならない。これが1年くらい前からの症状だ。

 

それでも何とかごまかし、ごまかししながらしのいでいた。

 

その間、耳にいいというものはなんでもやってみた。
三浦敬三さんがいう「ベロだし」や、よく言われる「蜂の巣」を飲んでみたりしたが余り変わり映えしない。

 

「蜂の巣」は2ヶ月続けて飲んだがちょっと耳がうずくような感じがしたが、それ以上のものはなかった。

 

「ベロだし」体操はもう一年くらい続けているが元々聞こえなかった右耳のほうが少し聞こえがよくなったので、止めずにいまでもほとんど毎日やっている。

 

また、一応病院に行ってみてもらう。

「加齢によるものです。補聴器を買うときはいい方の左耳にするように」とだけ言われ、治療は一切なしだった。

 

それが、このところその耳が落ち着いている。

 

聞こえが悪いのは変わらないが、雑音が入ったり奥まったくぐもりの中にいるようなところは無いようになった。

 

どうしてなのか?

 

思い当たるのはひとつ。

それまでは、1日1回もごはんを食べない生活だったのだ。

まず朝は食べない。昼は麺類、夜はお酒とおつまみで腹一杯になるまで食べる、という生活だったのだ。

 

それが、生活を変え、ご飯を1日2食摂るようになった。

雑穀を入れて最初は6種類くらいだったのがいまは12種類入りのものを1日2回は食べるようにしている。

 

ここ2ヶ月くらいそうしている。体調がいい。


いまは、くすりとかサプリメントより食事だと感じている。

 

ご飯とみそ汁。出来たらこれに漬け物を摂ればなおいいのではないかと思っている。

幕内秀夫の「粗食のすすめ」を読んでから確信したのである。

 

これを持続していこう。サプリを買う金を「お米」と「16雑穀」「漬け物」にまわすようにするのだ。