読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

粘膜を強化するレバー

レバーと、聞くと「ウエーっ」という方もいるかも知れませんね。

実は、レバーにはビタミンAと鉄分が多く含まれているのです。

レバーというとすぐに「貧血によい食品」という答えが返ってきそうですが、鉄分だけでなく、ビタミンAも多く含まれているため、疲労を回復するだけではなく、粘膜を強化してくれるのです。
 
粘膜は、目に見えるところでは鼻や喉、見えないところでは胃や腸をはじめ、体のあらゆるところに存在します。

体を守るためには、自分自身の免疫力を高めることと、外から入ってくるものに対して批抗力を持っていることがとても大事です。

理想的なのは、水際で、「体に悪さをするもの」を全部シャットアウトすることです。

風邪もインフルエンザも、鼻の粘膜や喉の粘膜などでシャットアウトできれば、一番いいのです。
 
レバーは、牛にも豚にも鶏にもありますが、一番いいといわれているのは子牛のレバーです。


若い分、肝臓にダメージを受けていないというわけです。

 

鮮度のよい健康なレバーを望むなら、子牛がおすすめです。

 

関連参照

健康ライフのヒント集

つまらんことでしょうか 

スリムさんの感想