読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

不妊。女性側の要因としては

妊娠を妨げる障害は、卵管閉塞など身体的な問題から、ホルモンバランスの乱れま
でさまざまです。

 

卵管障害
部分的にでも卵管が詰まると精子が卵管内に入ってこなくなり、卵子と出会え
なくなります。卵管閉塞が起吉るのは主にクラミジアや淋病、その他の性感染症
が原因の骨盤内炎症性疾患によるものです。卵管閉塞は同時に、手術による傷や
癒着によっても発生します。

 

子宮内膜症
子宮内膜は、本来、子宮の内側にある組織です。この組織がと吉に、卵巣や子
宮の外側、卵管周囲、膀胱と子宮、直腸と子宮の間隙など、あるべ吉でない場所
に生じることがあります。これを子宮内膜症と呼びます。
 
このような組織は、まるで通常の子宮内膜のようにホルモンの影響で厚くなり、
やがてはがれ落ち、その際、痛みを生じます。子宮内膜症では、卵巣や卵管の周
囲に増殖することでその機能を低下させ、妊娠を妨げることがあります。

 

免疫攻撃
免疫システムは外部からの「侵入者」に常に注意を払っています。私たち人間
にとって幸運なことに、女性の免疫システムはウイルスやバクテリアに攻撃をし
かけても、精子に対しては異なり、攻撃したとしても恒久的なものではありませ
ん。
 
しかし、一部の女性では、子宮預管粘液の抗精子抗体が精子の動きを弱めたり、
止めてしまったりします。また、ある女性の免疫システムは受精卵や胚を攻撃す
るものもあり、不育症の原因になります。

 

関連参照:男性不妊の問題