読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

アルツハイマー、発症前に判定できる!

血液から原因たんぱく量検査を検査することによって

アルツハイマー病が発症前に判定できる!


アルツハイマー病につながるたんぱく質「アミロイドペータ」が脳に異常に蓄積しているかどうか、血液から判定する方法を発見したというニュースです。

 

国立長寿医療研究センター(愛知)などの研究チームが日本学士院発行の11日付の学術誌に発表したもので、治療薬開発に役立つと考えられるほか、将来はアルツハイマー病発症前の検査に使える可能性もあるという。

 

同センター研究所の柳沢勝彦副所長、ノーベル化学賞を受賞した田中耕一島津製作所シニアフェローらが共同で研究を行った。‐’
 
研究チームは血液中に、脳から流れ出したとみられるアミロイドベーダに似たたんぱく質「APP669-711」があることを発見した。

 

血中のアミロイドベーダの量と比較し、脳へのアミロイドベータ蓄積の有無を判断することに成功した。

 

患者ら62人の血液を調べ現在、蓄積の診断に用いられている陽電子電子放射断層撮影(PET)と比較したところ、92.5%の確率で蓄積を判定できたのです。

 

アルツハイマー病はアミロイドベーダの蓄積から始まり、神経細胞の機能低下、認知症などの発症と長期間かけて進行する。

 

研究チームは、今回の検査法で発症前の患者を集められれば、発症を防ぐ薬の開発に役立つとしている。今後検査法の実用化も目指すことにしている。

 

科学の進歩が人間に役立つのはうれしいことです。

 

関連参照:

健康ライフのヒント集
つまらんことでしょうか 
スリムさんの感想 
わからんこと