読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

ミネラルとビタミンのこと

ビタミンは、体の中で起こっている生命の複雑な化学反応の流れをコントロールするのに必要で、特有の微量な有機化合物ですが、体の中ではつくれないないため、食べ物の中から取り入れなければならないものです。

 

種類としては約30種類あります。

 

対してミネラルは、ビタミンに似た生命の要の役割を果たしている栄養素で、これまた欠かせないものです。

 

ビタミンは、かなり複雑な生命によってつくられた化合物ですが、ミネラルは個々の元素です。

 

ミネラルは、ビタミンと協同して酵素をつくったり、タンパク質をつくり、生命の流れをあやつるなど大切な役割を果たしています。

 

ですから、微量の栄養として、ビタミンだけをとってミネラルを欠いたのでは、バランスを欠いたものとなります。

 

また、ミネラルごとに、からだに必要な適量があります。

 

なお、生命活動を妨げる水銀、鉛などの有害なミネラルもあるので、これは、できるだけ体の中には入ってこないように努めねばなりません。

 

最低限の知識として知っておきたいこところです。

 

関連参照:

健康ライフのヒント集 
つまらんことでしょうか 
スリムさんの感想 

わからんこと http://shukan64.ichi-matsu.net/