読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

爪もみと免疫療法

爪もみについては過去にもきいたことがあったが、

免疫療法で、というので改めて調べてみた。

 

爪もみをやった人が最初に実感するのが

「手足がポカポカしてきた」「ジンジンしてきた」ということです。

 

これは手足の血行が改善された証拠です。


すると、現代人に多い低体温が、即座に改善に向かいます。

 

というのは、爪の生え際には、神経繊維が密集しています。

爪もみを行うと、その刺激が瞬時に自律神経に伝わり、血行が改善し、

体はどんどん「頭寒足熱」状態に近づいていくのです。

 

さてその方法ですが、簡単です。


ギュッと揉んでも、ギューッと揉んでもいい。

 

少し痛いけど気持ちいい刺激が得られるぐらいのつよさがいい。

厳密な位置にこだわらなくても、刺激は十分に伝わります。

 

回数は1日2~3回。毎日続けるようにします。これすごい、のです。

(お金もかからず、いつでもできる。でもしないあなた。きっと、必要がない健康な生活をしているのでしょう?)

 

関連参照:

つまらんことでしょうか

健康ライフのヒント集