読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

三浦敬三さんの食事メニュー-1

101歳で亡くなられた三浦敬三さんですが、

食事のメニューがその本に紹介されていた。


三浦敬三さんは一人暮らしであったようです。


『三浦家のいきいき長生き健康法』という本の中に、 

その特徴として、孫の豪太さんが書いています。


・種類が豊富。6~7皿を食卓に並べている。
・それぞれの材料には意味があり、

 効果がもっとも高い栄養素を含む素材を選んで調理している。
・料理を行うときの素材のコンビネーションが絶妙。
・簡単に作れる(手間がかからない)
・料理をつくることもトレーニングの一環と考えている。 

 

たとえば、朝食のメニュー。
・発芽玄米
・ブロッコリー
・納豆
・キクラゲの煮干を粉にしたもの
・魚(アラ)の煮付け
・ひじき
・味噌汁


これは一例です。

 

そして食後には、
・柿の葉をくだいた葉で入れたお茶 


を飲みます。

 

これを毎日まんべんなく、一口~二口づつ手をつける。

敬三さんはこれらのメニューをつくると小瓶に入れて置きます。

 

そして毎日これらの瓶を食卓に並べ、

ひとつづつつまんでは食べていくというのです。