読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

三浦敬三さんの体操-3

口開け運動

三浦敬三さんが毎日行っている運動の中に「口開け運動」というのがある。

運動の基本動作は大きく口を開けて舌を思いっきり前、右、左と動かすというもので、とても単純な運動。俗にいう「あっかんべー」だ。


しかし、これによって動かされる筋肉の種類はたくさんあるようだ。

顔には表情を作ったり感情を表すために、30以上の筋肉があり、首には11種類の筋肉、舌には複雑に絡み合った6種類以上の筋肉があるといいます。


これらが口開け運動、「あっかんべー」によって動くのだ。

 

三浦敬三さんは、この運動を50回ほど行う。

喉から上の筋肉を使って行うこの運動によって、顔への血流は多くなり、シワがなくなるどころか、それまで気にしていた老人特有のシミや斑点もなくなったといいます。

 

3世代で行った検査でも三浦敬三さんがいちばん脳への血流は多かったそうです。

 

運動の効果として挙げているのは
1.シワをなくす
2.噛む力を鍛える
3.脳の血流をよくする
4.難聴を防ぐ

 

これは実は凄いことなのだ。一考してみる価値はある。