読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

50℃洗いで野菜をおいしく  

50℃洗いとは、スチーミング調理技術研究会代表の平山一政さんが考案された、野菜の鮮度を高める下ごしらえの方法。鮮度の落ちた野菜はしゃきっと、肉や魚はしっとりと柔らかくなります。

 

これは、ヒートショックという現象によるもので、野菜の葉の表面にある気孔が開き、そこに水分が入ることで新鮮な状態に戻るというものです。

 

50℃洗いをすると鮮度がアップするだけでなく、水で洗った食材よりも大幅に雑菌が減少し、食材の色やツヤがよくなり、旨みが増すといわれています。

 

野菜だけでなく肉や魚介などにも効果があることも特徴です。

 

野菜は50℃洗いのあと、よく水気を拭いてから冷蔵保存をすると通常よりも長持ちします。肉や魚介は保存せずに、すぐに使うようにしてください。

 

この下ごしらえ法は温度管理が肝心なので、温度計はきちんと用意しましょう。

 

お風呂のお湯程度(43℃前後)の場合は、逆に雑菌を繁殖させてしまうので注意が必要です。