読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TISOKU

ゆっくりカタツムリのように。そこから世界が広がるはず。

コレステロールは悪玉でない!

コレステロールは悪ではない!


がんや自殺対策のために、コレステロールを増やしたほうがいい、という話です。

 

アメリカは心筋梗塞が死因の第一位ですから、心筋梗塞を減らすことが医療政策の一番重要な点とされています。

心筋梗塞を滅らすために循環器内科の医者は、肉の摂取を減らし、コレステロール値を下げるように指導しました。
日本とアメリカでは食習慣も主たる死因も違うにもかかわらず、日本の医者はアメリカのまねをして「肉を減らそう」「コレステロールを下げよう」と主張しました。

 

そのためコレステロールが目の敵のようにされてきました。
コレステロール心筋梗塞のリスク要囚ですから、コレステロールを減らせば心筋梗塞が減るのは確かです。


しかし、コレステロールには別の一面があります。

コレステロール値が高いほど、がんが少なくなるというデー夕があるのです。
 
ハワイで調査した結果、コレステロール値が高くなると虚血性心疾患(心筋梗塞)のリスクは高まりますが、逆に、がんのリスクは減っているというのです。
 
その理由についてはまだ解明されていませんが、コレステロールは人間の細胞膜に使われている成分ですから、細胞分裂や免疫機能との関連があるのではないかと考えられます。

このデータから推測できることは、

コレステロールはがんのリスクを減らしてくれる可能性があるということです、 
   
コレステロールうつ病と関係していることもわかってきました。


65歳以上の男性 195名を対象にして、コレステロール値とうつ病の関係を調査したものがあります。

 

これによると、コレステロールが高い層では、二年後にうつ病の改善が見られたのに対して、コレステロールが中、低の層ではうつ病はむしろ進行しています。
コレステロールうつ病を抑制する可能性があるというデータになっています。

うつ病は脳内のセロトニンという神経伝達物質の不足と関係していることがわかっています。
コレステロールは、セロトニンが脳の神経細胞に取り込まれるのを手伝う役割をしていると考えられています。


コレステロールが高い人は、

心筋梗塞のリスクは高くなるけれども、

かんのリスクとうつ病のリスクは減る可能性があるということです。
 
日本人の死因の第一位はがん(悪性新生物)で、死亡総数に占める割合は28.8%です(平成25年人口動態統計による。以下同)。

第二位は心疾患で15.5%(このうち、急性心筋梗塞とその他虚血性心疾患の割合は三分の一程度)、第三位は肺炎で9.7%、第四位は脳血管疾患で9.3%です。以下、老衰、不慮の事故、自殺などが続きます。
 
日本人の三割くらいはがんで死亡しており、心筋梗塞脳梗塞で死亡する人を合わせた
数の倍くらいです。つまり、日本は「がんで死ぬ国」なのです。
 
さらに言うと、20代、30代は、男女ともに自殺が死因の第一位です。
自殺はうつ病と密接に関連をしています。
 
それらを考慮すると「コレステロールを減らそう」という考え方は日本の実状にはまっ
たく合っていないことがわかります。

 

がんで死ぬ人が多いのですから、コレステロールが高めのほうががんを抑制できる可能
性が高くなります。

 

また、若者の自殺を防ぐには、自殺の原因の一つであるうつ病を減らさなければなりませんが、コレステロールが高いほうがうつ病が減る可能性があります。

 

一方、欧米と比べて心筋梗塞で死ぬ人は少ないですから、

無理にコレステロールを下げる必要性はあまりないと言ってもいいでしょう。

 

つまり、コレステロールを下げることは、アメリカ人の寿命を延ばすのには役立ちます
が、日本人の健康を守り、日本人の寿命を延ばすことにはつながらない可能性が高いということになるのです。

 

関連参照:

健康ライフのヒント集 
つまらんことでしょうか 

 

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題の行方

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正は、同社の信頼を失墜させ、世界で責任追及の動きも広がってきた。

私はこの方面はまったく素人で不案内なのだが、新聞に記事などを読んでまとめてみた。

「実際の道を走行してみたらわかった」というところにポイントがある。

-------------

最近の自動車は電子部品の塊だ。


部品に付けた多くのセンサーが集めた情報から、制御コンピュータ(ECU)がエンジンの状態などを判断し、滑らかな運転や燃費効率のよい走りを実現している。
 
人間の頭脳にあたるECUには、それを動かす多くのソフトウェアが組み込まれている。

どのようなタイミングで、燃料をどれぐらい噴射するのか、といったことを瞬時に計算し、エンジンを動かしているという。

 

例えば、排ガスに含まれる酸素の濃度をセンサーがとらえ、酸素量が多ければ、エンジン内で十分に燃焼していないと判断し、燃料を多く噴射する。

逆に、排がベス中の酸素量が少なければ、噴射する燃料を減らすなどして、効率の良い燃焼状態に近づける。ECUは排ガスなども制御できる。

 

不正を明らかにした米環境保護局(EPA)によると、VWは[無効化機能」と呼ばれる不正なソフトをECUに組み込み、排ガス中の有害物質の量などを調節していたのだ。

米EPAによると、VWは、自動車の制御コンピューターに不正なソフトウェアを組み込み、排ガス試験の時だけ、有害物質を取り除く浄化装置がフル稼働するようにしていた。

 
具体的には、制御コンピューターは、

①ハンドルの動き
②スピード
③エンジンの稼働時間や回転数

などを自動的に分析し、試験中の『テスト走行』だと判断すれば浄化機能を高めていた。

 

そうすると、燃費は少し悪くなるが、排ガスに含まれる有害物質が減り、試験に合格できる。

逆に、「通常走行」時と判断すれば、浄化装置の働きを弱めていた。
燃費は良くなり、浄化装置なども長持ちする。

不正があった車は、通常走行時に、米国排ガス基準の最大40倍のNOxを出していたという。
VWは、通常走行時の燃費の良さを販売時にアピールしていたとの見方もあるようだ。
 
VWは、過去の試験でのエンジンの動きなどを示すデータに入力しておき、そのデー夕と実際の状態を照合し、「テスト走行」なのか、「通常走行」なのかを判断していたとみられる。
 
自動車は、全地球測位システム(GPs曇)で位置情報を把握し、カーナビに利用している。


車が移動していないのに、加速と減速を繰り返す動きなどをしていた場合に、制御コンピュター排ガス試験だと判断し、浄化機能を高めていたとの報道もある。

 

VWは、不正ソフトの搭載車が世界で約1100万台に上るとしている。
今回の問題は、会社上層部や開発部門を含め、組織ぐるみの違法行為との見方が強い。

 

だとすると、この問題は簡単に済むことはないと思われるのだ。

 

 

耳の調子が悪い!私がやったこと

耳の調子が悪い。ずっと耳の聞こえが悪い。突発性難聴のようだ。医者に行くが全然良くならない。これが1年くらい前からの症状だ。

 

それでも何とかごまかし、ごまかししながらしのいでいた。

 

その間、耳にいいというものはなんでもやってみた。
三浦敬三さんがいう「ベロだし」や、よく言われる「蜂の巣」を飲んでみたりしたが余り変わり映えしない。

 

「蜂の巣」は2ヶ月続けて飲んだがちょっと耳がうずくような感じがしたが、それ以上のものはなかった。

 

「ベロだし」体操はもう一年くらい続けているが元々聞こえなかった右耳のほうが少し聞こえがよくなったので、止めずにいまでもほとんど毎日やっている。

 

また、一応病院に行ってみてもらう。

「加齢によるものです。補聴器を買うときはいい方の左耳にするように」とだけ言われ、治療は一切なしだった。

 

それが、このところその耳が落ち着いている。

 

聞こえが悪いのは変わらないが、雑音が入ったり奥まったくぐもりの中にいるようなところは無いようになった。

 

どうしてなのか?

 

思い当たるのはひとつ。

それまでは、1日1回もごはんを食べない生活だったのだ。

まず朝は食べない。昼は麺類、夜はお酒とおつまみで腹一杯になるまで食べる、という生活だったのだ。

 

それが、生活を変え、ご飯を1日2食摂るようになった。

雑穀を入れて最初は6種類くらいだったのがいまは12種類入りのものを1日2回は食べるようにしている。

 

ここ2ヶ月くらいそうしている。体調がいい。


いまは、くすりとかサプリメントより食事だと感じている。

 

ご飯とみそ汁。出来たらこれに漬け物を摂ればなおいいのではないかと思っている。

幕内秀夫の「粗食のすすめ」を読んでから確信したのである。

 

これを持続していこう。サプリを買う金を「お米」と「16雑穀」「漬け物」にまわすようにするのだ。

高倉健は、晩年まで若々しかったのか?

2014年、俳優の高倉腱さんが亡くなられました。満83歳でした。

亡くなる数年前まで若々しい姿で映画に映画に出続けていました。

 

きっと、『単騎、千里を走る。』『あなたへ』などの作品に感動された方も多いことでしょう。

 

それにしても、健さんはどうして晩年まであんなに若々しい姿でいられたのでしょうか。もちろん、その理由はいろいろあると思います。ひとつこれではと思います。
 
それは健さんの「姿勢」です。

 

任侠映画に出ていた頃から晩年にいたるまで、健さんの姿勢はほとんど変わっていません。

すっくと立って、ただそれだけで男の哀愁のようなものを漂わせる……それこそが健さんなのでしょう。

 

そういう健さんの姿勢のすばらしさに若々しさの大きなポイントかあるのではないでしょうか。

 

そもそも、姿勢のいい悪いには、筋肉量が大きく関係しています。
筋肉の大きな役割のひとつは、身体を支えることです。
筋肉量かしっかりキープされているからこそ「いい姿勢」を保てるのです。

 

ろくに運動をせずにいると、筋肉か減少するに従って姿勢か崩れてきます。
たとえば、中年以降、肩が落ちてきたりねこ背になってきたりするのは、筋肉が落らてきた証拠です。

 

背骨まわりの筋肉が減って体幹を支える力が弱ってくるから、上半身が重みに耐えかねて丸まってくるのです。


普段から姿勢に気をつけていたとしても、筋肉量低下が進む50代、60代くらいになるとで否応なく姿勢が崩れてきます。

 

また、70代、80代ともなれば、すっかり支える力が弱って、背や腰が丸まった「おじいさん体型」「おばあさん体型」になってしまいます。


ところが、健さんは、あのスラッと背を仲ばした姿勢を、若い頃から晩年までずっとキープし続けたのです。

 

おそらく、その陰には相当精進努力があったのでしょう。


健さんは「俳優は肉体労働」というのか信条だったそうで、常日頃から筋トレやウォーキング、ストレッチなどの鍛練を欠かさなかったといいます。

 

『撮影現場では座らない』というのも有名な話ですが、そうやって立ち続けていられたのも、普段から体を鍛えていたおかげたったのかもしれません。

 

ちなみに、いい姿勢を保つためにいちばん重要な役割を果たしている筋肉はどこなのか、ご存じでしょうか?


答えは、身体の奥深くにある「大腰筋」です。
大腰筋は背骨と大腿骨とをつないでいる筋肉で、二足歩行をする人間にとっては「大黒柱」のような存在です。

 

このこの大黒柱がしっかりとていると、頭の先からつま先までがまっすぐ伸びて、いくら押してもびくともしないような、逞しくてどっしりとした安定感のあるカッコいい立ち姿勢をつくることができるのです。
 
これは推測でしかありませが、健さんの「大黒柱―大腰筋」はさぞかししっかりしていたのではないでしょうか。
 
年をとっても若々しく見られたいのであれば、まっすぐ伸びたいい姿勢を維持していかなくてはなりません。

 

そしてそのためには、普段から筋トレを行って「身体を支える筋肉」を鍛え、ちょとやそこらでは揺らがない丈夫な「柱」を作って行く必要があるということでしょう。

 

関連参照:
中高年からの筋肉作り 

転ばぬように、歩き続ける方法

「本来の姿形」をしているものを食べていますか?

スーパーの切り身の魚はわかっても、お頭がついている魚全体の姿を見せると、何の魚かわからない子供が多いと聞きます。

 
また、たとえば、かまぼこを食べるときに「これからお魚の命をいただくんだよ。感謝して食べようね」といわれても、感謝の気持ちはなかなか湧いてこないでしょう。

 

尾頭つきの魚を食べ、おなかをえぐって味わうときに、「残酷」であることとともに感謝の気持ちも抱くのではないでしょうか。

 

かまぼこを板からはがすときに「痛そう」とはなかなか思えないものです、
 
これは、子供に対しての食育という意味だけではありません。


やはり私たちは、食物そのものの姿形のあるものを選ぶのが基本なのではないでしょうか。

 

かまぼこよりは魚を、ハムやウインナーよりはお肉を、加工されれぱされるはど添加されるものも増えていきます。

 

食べるなら、できればその食品全体を食べるように心がけるべきです。

 

ですから、魚なら大きな魚より小さな魚。
マグロの切り身よりはメザシやシラスなど、食卓にのるものがいいのです。

逆にいえば、丸ごと食べられない大きな魚やお肉はたくさん食べないほうがいいがいいといえるでしょう。

 

ひとつのものを丸ごと食べる考え方を、「一物全体」といいます。


ひとつのまとまりのあるものは、それだけでバランスが取れているのです。
ひとつのまとまったものは、何か特別な働きがあるものです。


食物全体をいただくということは、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった私たちが知っている五大栄菱素では語りきれない、栄養学などではわからない、そのものの「生命力」が働いているのです。
 
皮つき、根っこつきといっても、もちろん可能な範囲でいいのです。


お米なら玄米、野菜なら葉っぱから根っこまで、魚なら頭から尻尾まで食べることを意識してみませんか。
    

関連参照

健康ライフのヒント集

つまらんことでしょうか 

スリムさんの感想

粘膜を強化するレバー

レバーと、聞くと「ウエーっ」という方もいるかも知れませんね。

実は、レバーにはビタミンAと鉄分が多く含まれているのです。

レバーというとすぐに「貧血によい食品」という答えが返ってきそうですが、鉄分だけでなく、ビタミンAも多く含まれているため、疲労を回復するだけではなく、粘膜を強化してくれるのです。
 
粘膜は、目に見えるところでは鼻や喉、見えないところでは胃や腸をはじめ、体のあらゆるところに存在します。

体を守るためには、自分自身の免疫力を高めることと、外から入ってくるものに対して批抗力を持っていることがとても大事です。

理想的なのは、水際で、「体に悪さをするもの」を全部シャットアウトすることです。

風邪もインフルエンザも、鼻の粘膜や喉の粘膜などでシャットアウトできれば、一番いいのです。
 
レバーは、牛にも豚にも鶏にもありますが、一番いいといわれているのは子牛のレバーです。


若い分、肝臓にダメージを受けていないというわけです。

 

鮮度のよい健康なレバーを望むなら、子牛がおすすめです。

 

関連参照

健康ライフのヒント集

つまらんことでしょうか 

スリムさんの感想

「飽食」で日本人は健康を損なった

和食に含まれる成分は体にいい、と思われる。

 

しかし、普段の食事では、食品を単品で食べることはあり得ない。普通は、ごはんと味噌汁、魚や納豆などのおかずを同時に食べ、食後に緑茶をすすり、果物などをデザートとして食べる。さまざまな食品を同時に食べたとき、体の中ではどのような変化が起こるのか? そして、健康有益性はどうか?

 

疑問に思い、調べてみても、食事全体を調べた研究は過去にひとつもない。
 
例えば、ゴボウには食物繊維が、トマトにはリコピンという成分が入っているから体にいいという話は、誰もが聞いたことがあるだろう。

 

確かに、食物繊維は大腸の働きを促すため便秘予防になるし、リコピンは悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにするため代謝をよくする。

 

しかし、成分だけを研究しても、食事全体としての効果はわからない。
トマトとゴボウを一緒に食べたら体にいいのか? それにごはんが付いたらどうなのか?
納豆も食べるとどうか?

我々日本人が実際に食べている食事が、果たして身体にいいのか?


それが食べ物の健康に及ぼす影響の、もっとも正しい評価ではないのかと東北大学の研究チームは考えたのだ。


そして研究チームがまず行ったのは、1999年の日本食とアメリカ食を比べる実験である。

 

パン、ステーキ、フライドポテトなどのアメリカ食より、白米、煮物、味噌汁などの和食のほうが体にいいというイメージがある。それが本当かどうか?

データを元に、それぞれ1週間分、計21食の献立を作り、実際に調理し、それをすべて混ぜ、凍結粉砕し、3週間マウスにエサとして与えた。
  
その結果、和食はアメリカ食に比べて、非常に健康有益性が高いことがわかった。
和食は、体にストレスを与えない食事である。

 

そのため、代謝が活発になって、やせやすい体質になる。逆に、アメリカ食は体にストレスを与え、代謝が落ちる。つまり、太りやすくなってしまうのだ。

 

研究チームは食事の健康有益性の評価には、DNAマイクロアレイという手法を用いた。DNAマイクロアレイとは、遺伝子の発現量、つまり、活性化レベルを測定するものだ。DNAマイクロアレイを使うと、人では約4万、マウスでは約3万の遺伝子をいっぺんに測ることが出来る。

遺伝子の活性化の度合いを見ると、食べ物によって、体がどう変化したかがわかるのだ。

 
マウスの遺伝子を比較した結果、アメリカ食を与えたマウスは、和食をエサにしたマウスに比べ、ストレス性が高く、于不ルギー代謝、糖質・脂質代謝が低いことがわかった。
 
人間もマウスも、何らかのストレスを感じると、細胞の中で、ある特定の遺伝子が活性化する。つまり、アメリカ食を食べただけで、体はストレスを感じてしまうのだ。
 
この結果は、ある程度予想していたことだった。フライドチキンやハンバーガーと、肉じやがやヒジキの煮物を比べて、前者のほうが「体に優しい」と思う人はいないだろう。
 
遺伝子レベルで見ても、和食のほうが、ストレスが少ないことがわかったのだ。

ストレスとは、内臓が「無理をしてがんばっている状態」だ。
 
心や体と同じように、内臓にも強いストレスが加わると、健康が損なわれる。
 
アメリカ食を食べると、肝臓や腸などの消化器官は、一生懸命がんばって、消化・吸収しなければならない。「がんばる」ことは、臓器にとって、大きなストレスということだ。


一方、和食は、臓器ががんばらなくても、すんなりと消化・吸収ができる。体が無理をしなくても済む。つまり、ストレスが少ないのだ。

 

健康のためには、内臓に無理をさせないことが、何より大事なのである。
ただし、ストレスと言っても、今の能力で処理できるか、限度を超えて負担になってしまうかが問題だ。許容範囲を超えなければ、消化に時間がかかって、内臓がたくさん働いたほうがよいのだ。
 
しかし、限度を超えるような食生活が続くと、健康は損なわれる。
食べすぎで胃がもたれたり、お酒を飲みすぎて二目酔いになったりした経験は、ほとんどの人があるだろう。それは食べ物やアルコールが許容範囲を超えているという、内臓からの警告にほかならない。
 

内臓の能力は、民族や人種によっても異なる。日本人は、古来、あまり肉を食べない民族だった。そのため、ずっと肉を食べ続けると、体にとって大きなストレスになってしまう。
 
過剰な肉食が日本人の体にとってストレスになる。
 
世界には、さまざまな食文化がある。例えば、インド人は1年365日、カレーしか食べ
ない。アメリカでは、日本人の2.5倍以上も肉を食べる。カナダ北部に住むイヌイットの主食は、生のアザラシだ。人間の体は長い歳月をかけて、その土地の食文化に即した内臓の機能を作り上げてきたのである。
 
いくら日本食が体にいいと言っても、外国人がもし毎日和食を食べたら、ストレスになってしまうだろう。
 
今までとまったく違う食生活に替えることは、体にとって大きなストレスなのだ。
 
では、1975年型の食事はどうだろう。それは許容範囲の中で、従来の和食を改善した
ものだ。

 

80年代も半ばを過ぎると、飽食の時代を迎えて限度を超え、日本人は食によって健康を損なってしまったのだ。

 

関連参照:

スーパー和食。調査方法

ビタミン・ミネラル活用事典

老化。焦げ・枯れ・錆びと

シニアからの栄養学

サルコペニア予防  

つまらんことでしょうか